top of page

企業セキュリティの必須知識:全従業員が取り組むべき対策

こんにちは、GPTソリューションズです。法人向けAI活用支援の最新情報をお届けします。





企業におけるセキュリティ対策の重要性

セキュリティ対策は企業運営において避けては通れない課題です。サイバー攻撃の被害は年々増加しており、すべての企業がその対策を講じる必要があります。特に、企業は情報資産を守りながらDX(デジタルトランスフォーメーション)や働き方改革を推進し、生産性を向上させることが求められています。この際、セキュリティ対策は目的ではなく、事業を継続するための手段であることを全従業員が理解することが重要です。

セキュリティ対策を効果的に行うための基本的な枠組みとして、PDCAサイクル(Plan-Do-Check-Act)を活用することが一般的です。このサイクルを通じて、情報資産の棚卸しとセキュリティポリシーの策定、実施、監査、見直しを行い、継続的な改善を図ります。


PDCAサイクルによるセキュリティ対策

  1. Plan(計画)まず、企業が保有する情報資産を棚卸しし、これを基にセキュリティポリシーを策定します。このポリシーには、情報セキュリティの基本方針、対策基準、実施手順が含まれます。基本方針では、情報セキュリティに対する会社の方針や必要性を明確にし、対策基準では具体的なセキュリティ対策を規定します。実施手順では、対策基準に基づき具体的な対策を詳細に記載します。

  2. Do(実行)計画されたセキュリティポリシーに基づき、具体的な対策を実施します。例えば、ファイアウォールの設定、アンチウイルスソフトの導入、定期的なセキュリティ研修の実施などがあります。また、セキュリティツールの導入と適切な設定も重要です。

  3. Check(確認)実施した対策が適切に機能しているかを定期的に監査し、ポリシーの遵守状況を確認します。この段階で発見された問題や不足点は、次の改善活動に反映されます。定期的な監査は、組織の状況や新たな脅威に応じて柔軟に行うことが求められます。

  4. Act(改善)監査結果を基に、セキュリティポリシーや対策の見直し、改善を行います。新たな脅威や技術の進展に対応するため、ポリシーや対策を適宜更新し、組織全体でのセキュリティレベルを継続的に向上させます。


全従業員の理解と意識の重要性

セキュリティ対策は情報システム担当者だけの責任ではなく、全従業員がその重要性を理解することが必要です。例えば、経営者層がセキュリティの必要性を理解していない場合、「サイバー攻撃は自社には関係ない」「他人事だ」と考え、十分な予算を確保しない可能性があります。その結果、セキュリティ対策が不十分となり、重大なリスクを招く恐れがあります。

また、従業員がセキュリティの重要性を理解していなければ、インシデント発生時に「どのような影響が出るか」を正しくイメージできず、ポリシー違反の行動を取ってしまう可能性があります。従業員全員が自分ごととしてセキュリティを捉えることで、セキュリティ意識が高まり、企業全体のセキュリティレベルが向上します。


具体的なセキュリティ対策の実施

企業が取り組むべき具体的なセキュリティ対策について、以下に示します。

  1. セキュリティポリシーの策定 セキュリティポリシーを策定し、全従業員に周知することが重要です。このポリシーは、基本方針、対策基準、実施手順の階層で構成されます。基本方針では情報セキュリティに対する会社の方針を明確にし、対策基準では具体的なセキュリティ対策を規定します。実施手順では、対策基準に基づき具体的な対策を詳細に記載します。

  2. 技術的な対策 技術的なセキュリティ対策も重要です。例えば、ファイアウォールの設定やアンチウイルスソフトの導入、ネットワークセグメントの分離などがあります。また、既知および未知の脅威を検出できるセキュリティ製品の導入や、異常を早期に発見する仕組みの構築が必要です。

  3. 未知の脅威への対策 最近では、未知の脅威を用いた攻撃が多く見られます。未知の脅威に対する具体的な対策として、業務用ファイルをホワイトリストとして登録し、それ以外のファイルや通常とは異なる挙動を「未知の脅威」として検出します。特に有効な製品として、EDR(Endpoint Detection and Response)やNDR(Network Detection and Response)などが挙げられます。


生成AIのリスクと対策

生成AI(例:ChatGPT)の活用には、情報漏洩、著作権法違反、サイバー攻撃への悪用といったリスクがあります。企業は「AIサービス利用ガイドライン」を作成し、従業員のリテラシー向上を図ることが必要です。


AIサービス利用ガイドラインの策定

ガイドラインでは、生成AIサービスをどのような目的で使用するか、入力しても問題ない内容、入力してはいけない内容を明確にします。これにより、機密情報の誤入力や不正利用のリスクを軽減できます。


生成AIの活用とリスク管理

生成AIサービスは業務効率化に大きなメリットをもたらしますが、その利用には適切なリスク管理が必要です。例えば、機密情報を入力しない、著作権に留意する、生成された情報をサイバー攻撃に悪用されないようにするなどの対策を講じることが重要です。


さいごに

セキュリティ対策の重要性について理解いただけましたでしょうか?企業の強固なセキュリティ体制を整えるためには、全従業員の理解と協力が不可欠です。次回は「個人が気を付けるべきセキュリティ対策」についてご紹介します。本記事が皆様のセキュリティ意識向上の一助となれば幸いです。


GPTソリューションズのご案内

私たちは企業のAI活用をサポートしています。ご相談はお気軽にお問い合わせください。

今後ともGPTソリューションズをよろしくお願いいたします。

閲覧数:2回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page